好きなこと楽しいことを仕組み化すればPC1台でお金は稼げる!

menu

丹 洋介のOfficial稼ぎBlog

恐い指導者の本音とは?

Drill_instructor_at_the_Officer_Candidate_School

ビジネスを教えていて感じるのは、
稼ぐためには少なからず
人より優れている部分が必須だということです。

もちろんその“優れている”というのは
努力する能力だったり
時間を投下できる能力も含めてですよ。

逆に、主体性も無く、思考する習慣もなく、行動する気概も無く
目的のために時間を使うことすらも出来ない奴は、
やっぱりダメですね。


「丹さん、稼がせてください。」

みたいなメールが冗談じゃなく
マジで時々来ますが、
いやいや、稼ぐのはあなた自身だろ。と。

インターネットビジネスを
真剣勝負のビジネスではなく
習い事か何かと勘違いしているのか、

「自分はお客さんだから稼がせてください」

などと思っている時点で終わっています。


当然、そんな感覚でいる人はごく稀で、
ほとんどの方は真剣にビジネスに取り組んでくださっている
素晴らしい方ばかりですけどね。


まあだからこそ、

真剣に取り組んでいる方に対しては
私も厳しくしてしまうわけですよ。


なぜなら、

「○○さんなら絶対行けます!」

と言った時の一言の重みが、

厳しい人のそれと甘い人のそれでは
まったく違ってきますからね。

甘い人の言葉って、何言われても軽いじゃないですか。


今回の動画の中で話されているように、

人を指導する上で、
本人に能力を自覚させたり
「俺マジで行けるかもしれない」と思わせることは
超重要です。

で、お客さんや生徒にそう思わせるためには、
甘い人では難しいと思うわけです。


でもって、

厳しくしてもなお着いて来てもらうためには、

指導者自身が常に成長し続けていくこと、
指導者自身が相手の心を揺さぶるほどに
楽しんだりビジネスを面白いと思っていること。
そこに感動していること。
などが必須です。


おそらく、超厳しく言われても素直に聞けたり
そこに感謝できる方って、
指導者のこういう真意を汲み取ることが出来る
素晴らしいセンスをお持ちの方だと思うんですよ。

指導者の真意とか、
どういう思考からその言葉を発しているのか?とか。

そういう部分を理解しておくことで、
学びの質というのは確実に高くなりますね。


というわけでこの動画は
あなたが人を指導する立ち場にあるという場合には
そうとう気づきの多い動画なので、

お客さんであれ部下であれ社員であれ、
本気で人を動かしていきたい方は必ず見ておいてください。



ではでは!

関連記事

プロフィール



丹 洋介(たん ようすけ)

インターネットを使ったマーケティングを得意とし、主にメルマガアフィリエイト、コンテンツ販売、店舗の集客コンサルを軸としたビジネスを行っている起業家。

「好きなことで自由に楽しく稼ぐ!」をモットーとし、「仕事が趣味」と断言するほど仕事に楽しさと生きがいを見出している。

その独特の歯に衣着せぬ物言いの文章が中毒性を引き起こし、メルマガ読者やお客さんのビジネスセンスがメキメキと上達するのも特徴。

また、一部に対し限定で行っているコンサルティングでも高い評価を得ており、今後さらなる成長が期待される。